園の特色

教育目標

● つよいからだのこども

何事にも負けない丈夫な体と、諦めずに最後までやり遂げる強い精神力を育てます。

● やさしいこころのこども

人の痛みや喜びをわかちあい、思いやりのある素直な心を育てます。

● かんがえるこども

自然や遊びの中から、人間関係のふれあいを通し、好奇心や創造力を育てます。 園の特色 園の特色 園の特色

大曲大谷幼稚園の環境

園舎の周囲は畑や山林に囲まれ、小鳥や虫の鳴声が聞こえ、遠くには高い山脈を望むことができます。この環境のなかで、本物の「あそび」を、体験をとおして学んでもらうことを目標としています。「からだ、こころ、考える」ことのバランスを保ちながら学んだ遊びは、お子さんにとっても大きな財産となります。園舎は自然の地形をそのまま生かし、遊び場は4つのゾーンで構成されています。 この4つのゾーンの他に野菜畑やポニー、ニワトリ、ウサギの飼育等、体験を通してたくさん学ぶことができます。

みどりのひろば

約1200坪の全面芝生のひろばです。雪がとけると子どもたちは裸足になり、元気に駆け巡ります。夏の運動会やサッカーもここで行います。
園の特色 園の特色

あそびのおか

スウェーデンより輸入した固定遊具や、水や砂を利用して想像力を使った自由や遊びができる場所です。冬は斜面を使いそり遊び等ができるゲレンデに早変わりします。
園の特色 園の特色

たんけんのもり

樹齢100年にもなるような大きな木があり、雨が降ると小川ができたり、木登りや昆虫探しもできます。1年を通して暑い日は日陰で森林浴を楽しみ、秋は落ち葉の布団に隠れたりと、ずっといたくなるような場所です。
園の特色 園の特色

チャレンジステージ

園舎のコーナーに設置されている円形デッキは、遊んだりお弁当を食べたりする場所としても利用できるほか、たくさんのギャラリーを前に発表することのできるステージにもなります。
園の特色 園の特色

はだし保育を行っています

園の特色

土ふまず形成の促進や踏んだり踏ん張るの動作の筋肉を高めます。

子どもの体づくりの一環として、5月~10月の期間に「はだし保育」を行っています。はだしで生活することによって、子どもたちの心身に心地よい刺激を与え、のびのびと活動できるように指導しております。

食育への取り組み

園の特色
当園は、子どもたちと一緒に作物を栽培して収穫したり、その野菜を使って料理をしたり、それらの体験を通していろいろと感じ取り、自分で考えていく能力を養っていきたいと考えます。また、食育を通して子どもたちに伝えたいのは、毎日いただくものに対する感謝の気持ち、旬の食べ物から季節を感じる心、五感を通して感じるおいしいという感覚を身につけてもらうことです。

幼稚園で収穫できる野菜

じゃがいも、大根、人参、きゅうり、小豆、トマト、スイカ、ナス、枝豆、サヤエンドウ、他
幼稚園の周りには、広い畑があります。開園以来9月に行う親子芋掘をはじめイチゴ狩りや、トウモロコシ、大根抜きなど、10数種類の野菜を収穫したり、自分達で調理しながら、食の大切さを学んでいます。